赤い帽子を被った老女

Beauty Hairstyle

50代で縮毛矯正したら老けるんです!縮毛矯正しても老けない方法

2022年4月16日

50代で縮毛矯正をすると「老ける」って聞いたことありませんか?

そう。50代で縮毛矯正をかけると本当に老けるんです。

少し前までは縮毛矯正をかけると髪が広がったボサボサ頭のおばさん顔がサラサラのストレートヘアでパッと顔が引き立って若々しく見えたのに

50代を過ぎてからは縮毛矯正をかけた方が寂しく老けた印象になってしまったんです。

髪の毛の量が多く強いクセに長年悩まされている私が50代になっても縮毛矯正を続けてどうなったのかを徹底レビューします!

縮毛矯正をかけても老けない方法もご紹介しますので

  • 縮毛矯正をかけて老けちゃったなって思ってる方
  • これから縮毛矯正をかけようか迷ってる方

は参加になると思うので、ご覧になってみて下さいね。

もう「50過ぎて縮毛矯正のサラサラストレートは痛い!」なんて言わせないですよ!

ストレートヘアが綺麗な女性

50代で縮毛矯正したら老ける理由は2つ

こんにちは、物心がついてからずーっと「くせ毛」に悩んでいるコハルです。

髪の毛の量が多くクセも強くて、手に負えない私の髪の毛。

幼い頃、姉には寝起きの頭を「和田勉みたい」と言われてました・・・。

手に負えない髪をなんとかしようと、10代で初めてかけた髪に板を貼り付けるストレートパーマから始まり、毛先がパッツンパッツンになる縮毛矯正まで、歴代の縮毛矯正を経験してきた私。

縮毛矯正を無くしては生きて来れなかった私ですが、ここ最近50歳を過ぎたくらいから縮毛矯正をかけても前のように似合わなくなってきたんです。

きっかけは写真。

友人に送ってもらった写メをみて「誰?この老けた寂しい顔をしているのは?」と思ったら、なんと私・・・。

これは、本当にショック。

なんで、老けて見えるの?

謎を解明するべく、いろいろ調べたり

ストレートが似合っていた若い頃の写真と見比べて分かったのが

顔自体が寂しくなって来ているのにストレートで、さらに華やかさがなく寂しくなっている

のと

髪の毛が前よりもパサパサなエイジング毛になっている

が原因だとわかりました!

これだけだと少し分かりにくいので、詳しく解説しますね。

顔が寂しい印象になっているから

50歳も過ぎると、頬の位置や目尻など全体的にたるんでシワも増え老けた寂しい印象になるじゃないですか。

サラサラストレートが似合わない理由はここにあるんです。

寂しい印象になった顔にストレートヘアは寂しい顔をより寂しく目立たせてしまいます。

縮毛矯正後は生え際も立ち上がりがなくペタっと顔には張り付いてしまうので、なおさら寂しい印象になってしまいます。

↓の写真は私。左から43歳、48歳、51歳で縮毛矯正をかけた後の写真です。

目元を隠し(マスクもし)ているけど50代の写真が、たるんだ感じでオバサンっぽくて老けてますよね。。。

これが老けて見える原因。

  • 縮毛矯正後にカラーで巻いた写真
  • 縮毛矯正でショートヘアの写真
  • 50代で縮毛矯正をかけた写真

エイジング毛になっているから

さらに、髪の毛も加齢によって細くパサパサになっているので、縮毛矯正をかけたその日はサラツヤだけど数日経つとパサパサになってたりしませんか?

上の私の写真でもわかるように50代の髪は、まとまりがなくてツヤもないですよね・・・。

私は髪の量が多いのでボワっとしてますが、縮毛矯正をかけると

髪の毛が細くなって根本の立ち上がりがなくペタっと張り付いてしまってたりしませんか?

その理由は

髪の毛の成分は80%がタンパク質で、タンパク質同士が結びついて形成されています。

「エイジング毛」をヘアケア用品のミルボンの論文で簡単説明すると、本来はしっかり結び付いているタンパク質の結びつきが髪の毛のタンパク質が流れ出てしまい空洞になっている状態なんだそう。

縮毛矯正の仕組みは、本来は真っ直ぐ繋がれているはずのタンパク質がねじれて結びついてしまったくせ毛に、薬剤で一旦タンパク質を切り離してからアイロンで真っ直ぐに繋ぎ直し固めています。

エイジング毛は繋ぎとめる元のタンパク質が流れ出て少ないので結合できず、髪が空洞化してパサついてしまったり髪にコシがなく生え際がペタっとしてしまうんですね。

じゃあ。エイジング毛や寂しくなってしまった顔立ちでは、もう縮毛矯正がかけられないの?

いやいや。大丈夫!

50代を過ぎても縮毛矯正をかけられる方法はあります!

ここからは美容師に聞いた「寂しい顔でも」「エイジング毛でも」縮毛矯正をかけて老けない方法をご紹介しちゃいます。

50代で縮毛矯正をしても老けない方法3つ

では早速、50代で縮毛矯正しても老けない方法をご紹介しますね。

生え際に縮毛矯正をかけない

縮毛矯正をかけたあと、生え際の立ち上がりがペタっとならないように生え際から1センチくらい開けて縮毛矯正をかける

これは、最近美容院を変えて担当になった方から教えてもらった技。

縮毛矯正というと根本から、ビシっと真っ直ぐにしかならいないと思っていたんですが、いろいろアレンジができるらしいんです。

ビシっと真っ直ぐにしてしまうのは「伸びてない!」ってクレームを言われるのが怖いんだそう。

だから、こちらは美容師さんの協力が必要ですが、通いなれた美容室がある方は一度相談してみてもいいかも。

新しい美容院を探している方は、予約時に確認してみてくださいね。

酸熱トリートメントでダメージを減らしてから縮毛矯正をかける

酸熱トリートメントはここ数年で良く名前を聞くようになりましたね。

工程は縮毛矯正と似ているんですが、全くの別物。

酸熱トリートメントはタンパク質が流れ出てスカスカになったエイジング毛の中に入りこみ、スカスカを埋めてくれるというもの。

今まで修復は不可能だったスカスカになった髪を蘇らせてくれる新しいトリートメントが「酸熱トリートメント」

そして縮毛矯正とも相性が良く、酸熱トリートメントをかけてから縮毛矯正をすると、とても綺麗になるんです。

髪を元気にしたい方は出費は多くなってしまいますが、パサパサが気になる方は試してもいいかも。

ちなみに私が行っている美容院の酸熱トリートメントは1万円くらい。

梅雨が始まる前に縮毛矯正。

酸熱トリートメントでも若干クセが伸びるので秋に酸熱トリートメント。

でだいたい年に1回づつ縮毛矯正と酸熱トリートメントを交互にかけてます。

サイドにボリュームを持たせる

こちらは縮毛矯正をかけてペタっとなった感じが、不自然で寂しい顔に見える時に試してみてくださいね。

私は縮毛矯正をかけると、毎日やっています。

それは!

毛先をホットカーラーで巻く

です。

普通でしたか・・・。

縮毛矯正後にカラーで巻いた写真

さっき紹介した↑この写真もホットカーラーで巻いた後の写真。

ヘアーアイロンが上手に使えればアイロンでもOKですが、アイロンの方が痛みやすいかも。

今の私はセミロング(写真はロング)なんですがホットカーラーで根本まで内巻きで巻いてからヘアスプレーでカールが取れないようにしています。

生え際の立ち上がりは指で引っ張りながらドライヤーで立ち上がりを付けてヘアースプレー。

写真は若い頃だけど、巻くと寂しい顔のまわりがフワっと華やかになって若々しくなりますよ♪

面長の方は耳から顎にかけてボリュームが出るように

丸顔の方は顎から下にボリュームが出るように巻くのがポイントです。

ショートの方は全体的に巻いてからワックスやオイルで落ち着かせると、ふっくらしますよ。

縮毛矯正は何歳までかけられる?

50代を過ぎても縮毛矯正を老けないようにかける方法を紹介してきました。

まだ、しばらくは縮毛矯正をかけられそうですよね♥

でも一体何歳までかけられるの?

60代になっても縮毛矯正をかけられる?

と思いますよね。

先日、担当の美容師にお聞きしたら60代でも縮毛矯正をかけている方は大勢いらっしゃるとのこと。

何歳まで縮毛矯正をかけられるかは美容師の腕次第

髪の状態を見極めて美しく仕上げてくれる美容師さんならば年齢制限無しに縮毛矯正をかけられる。

という事なんだそう。

つまり知識と技術を持った美容師さんに出会えるかが鍵

すでに、お任せできる美容師さんがいらっしゃる方は悩みをいろいろ話してみるといいかもせいれませんね。

まだ、おまかせできる美容師さんが見つかっていない方は↓もチェックしてみてくださいね。

運命の美容師に会える「美容室の選び方」をご紹介しています。

こちらもCHECK

おしゃれな美容院の画像
50代で美容院に行きづらい方必見!行きやすい美容室の選び方

50代になってから美容院に行きづらいな・・・。 50代でも行きやすい美容院ってあるんだろうか? って思ってませんか? 目につく美容院は 今風のインテリアでお客さんは10代や20代の若い子たちばかり。 ...

続きを見る

 

 

 

-Beauty, Hairstyle